組合だけでなく住民の協力を得てマンション修繕工事を行おう

マンション

マンションにはエレベーターの工事もあります

工事中

マンションの工事で割と頻繁に行われることがあるのがエレベーターです。エレベーターの場合は工事というところまでいかなくても、例えば点検などで終わりということもあったりするのですが、法定耐久年数というのが17年ということになっていますので、割と気付いたら直す必要性が出てきたり、取り替えなければならないような状況というようなことがあります。
さすがにエレベーターを取り替えるということになりますと、そこそこ大きな工事ということになりますので、費用も結構かかることを認識しておいた方が良いでしょう。マンションには大規模修繕工事というのがあるわけですが、その時にエレベーターの取り換え工事も付け加えられることになるでしょう。直すための部品がすでになくなってしまっているエレベーターが、タイミングによってはあったりするので、早めに直した方がその後も長く使えるようになることもあるのが、マンションのエレベーターなります。
当然不具合がなければそこまで考える必要性がないと思う人が多いですし、個人的にそう思ってもマンションの組合などで話し合いをして決めなければならないことになりますので、なかなか難しい部分の工事と言えるでしょう。