組合だけでなく住民の協力を得てマンション修繕工事を行おう

マンション

マンションの改修工事の際に気をつけておきたいところ

作業員

マンションには専有部分と共有部分があり、共有部分は個人では改修工事することはできません。
専有部分に思えそうな箇所として挙げられるのが、玄関ドアやサッシ、バルコニーなどです。
共有部分になる理由としては、外観の整合性や、管理会社が管理できるようにしています。
全面改修工事をするときには、設備関係もどこからが専有部分になっているのか確認する必要があります。
一般的には、電気メーターやガスメーター、水道メーターより住戸側が専有部分となる事が多いです。
あとは、大きな家具等を入れたいという要望がある場合は、あらかじめ施工会社に伝えておいたほうがいいです。
大きいものになると、エレベーターに入らないことや、階段も通ることができないという事態になりかねません。
家具等であれば、バラバラにして搬入し、組み立てるということが出来るので、相談しておけばうまく段取りしてもらえます。
あとマンション工事特有のことで、管理会社にあらかじめ報告して、工事の許可を貰わないといけないということです。
基本的には施工会社がするのですが、厳しいとことは、臨時集会のときに報告しなければならない等の規約があったりするので、確認が必要です。
規約に沿っての工事になりますので、時間や曜日、搬出入に制限が発生しますので、工期的には少し伸びてしまう事を頭に入れておく必要があります。
マンション工事に慣れている施工会社にお願いすることをおすすめします。